新映像作品の打ち合わせと新入部員への指導

今日は新作映像作品の制作に向けてメンバーと打ち合わせを行いました。

打ち合わせの内容は主に撮影スタッフや役者決め、そして脚本を見ながら実際声に出して読み合いでした。

実際に脚本、台詞を声に出して読むことで、作品の世界観に対する理解がより深まりました。

 

打ち合わせの後は屋外で新入部員の指導を行いました。

新入部員(写真中央)にカメラを持ってもらい、カメラの基本的などを教えるメンバー達。

チルトやパン、フォロー、イマジナリーラインなどを説明するために、部員が被写体になり動いてもらう事で、実際にカメラを動かしながらカメラの扱い方や構図などを体験してもらいました!

カメラを三脚から取り外し、手ブレを抑えた撮影の仕方を教える副部長(写真右)とカメラを構えて実践中の新入部員(写真左)。基本的な所ですが、重要な部分ですね(^^)

今回の新作撮影のために部内でレフ板を自作したのですが、曇天の中でも陰の部分に光を当てる事が出来ました。晴天の時などコントラストが高くなりがちなシチュエーションではさらなる効果が期待出来そうですね(^^)

 

ということで、打ち合わせ、指導、そしてレフ板のテストも上手く行き、今日はここでお開きになりました(^^)

 

これからも部活動の様子をブログで投稿して行こうと思っているのでお楽しみに(^^)

それでは!

コメントをお書きください

コメント: 1